肌の脂を残す洗顔がおすすめです

ニキビケアのおすすめの方法は洗顔をやり過ぎないことですよ。
よく洗顔すればニキビができにくいなんて言われているようですがそれはどうでしょうか・・・。
よく洗顔するといっても洗顔回数や洗顔時間など人によって様々でも、洗顔のやりすぎって害になることもあるんですよ。

特に寒くなってくると肌が乾燥しますよね。日本の冬は空気が乾燥するので肌の乾燥具合が心配ではないでしょうか?
私は肌が乾燥しやすいので洗顔は必要最低限にしていますし、むやみに洗顔料を使いませんよ。
洗顔料を使うと肌がきれいになったように感じますが、肌の脂を落としていることが多く、それ以外の肌の汚れはぬるま湯洗顔だけでも十分落ちます。

洗顔料によっても肌の脂をしっかり取るものと肌の潤いを守るものとがあります。
私が1年を通して選ぶのは肌の脂を取りすぎない洗顔料です。
湿度が高くなる梅雨の時期も、気温が上がる夏も、洗顔料はいつも同じタイプです。
そうするとニキビができにくくなるんです。

肌の脂を残すことでニキビができにくくなるのはおもしろいですね。
乾燥が進んだ肌にはニキビができることから、肌を乾燥させて脂を取りすぎることがニキビの原因になることが分かってきました。
こういうことは経験していくうちにだんだん分かってきますよね。

初めは失敗してもいいから洗顔料や洗顔の仕方にこだわってみましょう。
肌に脂を残すとそれがバリアの役目をしてくれてニキビが減るはずですよ。

ニキビ跡 色素沈着 化粧水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です