妊娠中の体のむくみに注意をしよう

妊娠をすると、食べることが多くなるので体重が増えることになります。そしてよく言われているのが、急激に太ることにより体のいたるところがむくんでしまうことがあるのです。その中でも、特に温みを感じるのは、足ではないでしょうか。女性は、妊娠をしていなくても足がむくみやすいと感じることが多いですね。それは、たえず足を下げてるからなんです。そのため、余分に取りすぎてしまった水分などが足に溜まってしまうことになります。そうなると、血流が悪くなってしまうので要注意です。

足がむくむと、下肢静脈瘤と言う病気になりやすくなります。下肢の血管が怒張してしまい、その結果浮き出てしまうのです。そうなるとますます、足がむくんでしまうことがあります。見た目も悪くなるので、必ず予防したいですね。

足がむくんでいる時には、むくみ防止することが出きるサポーターなどを使いましょう。そのようにすることにより下肢静脈瘤を予防することができます。足をマッサージするなども効果があります。

また肝心のむくまないようにすることも大切ですね。そしてとても大切なこととして、塩分を撮りすぎないことです。塩分を取りすぎてしまうと、足だけではなく体もむくんでしまうことになります。それは、全身の血流が悪くなっているサインなのです。心臓やその他のお内蔵の血流も悪くなっていることもあります。そんなことになると、入院をすることも。塩分の摂り過ぎに注意をして予防しましょう。

妊娠希望 サプリ 葉酸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です