住んでいる地域のお地蔵さんを見て回ります

買い物などの移動のついでに、遠回りして自分が住んでいる地域のお地蔵さんを見て回るのが趣味です。

交通事故、過去の大きな天災など、いろんな時代のいろんな事情で建てられたお地蔵さんがあります。

毎日、いろんな時間帯に見て回っていると、偶然、お世話をされている地域のお年寄りが花やお供え物

を供えているところにばったり遭遇することがあったり、またお供え物の盗難があったからか、お供えする人

が触れる時以外は中に触れることができないように、厳重に施錠されるようになることがあります。昨日まで

あったお地蔵さんが突如なくなることがありますが、これにはいろんなケースがあり、お地蔵さんを設置、お世話していた方が

引っ越しにあたり、お地蔵さんも持って引っ越しされたケース、老朽化したお地蔵さんを修繕するために業者さんに預けている

ケース、お世話されていた方が亡くなるなどしたため、近くの寺社に合祀されたケース、お祭りしていたお寺が、廃寺になってしまい、

そのそばにあったお地蔵さんは、他のお寺に合祀されたケースなど、いろいろあるようです。近所のお地蔵さんを観察するのが趣味、

という人はかなり珍しいと思いますが、そういう地味な観察でも街の変化が感じられて面白いものです。

バンビウィンク マツキヨ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です