ヤマト宅急便の方向転換について思う事

“宅急便で顧客のニーズを追い求め膨張し続けたヤマトですが、ここに来て従業員の過酷労働が社会問題となり物量制限や値上げなどの方向転換をし始めました。ヤマト宅急便は配達時間の短縮や、同じ県内なら遠隔地でも同一料金、配達時間指定など様々なニーズに答え成長しました。
方向転換の理由は大手通販会社との契約で物量が膨大に増えたことだといいます。個人と違い会社と宅配契約すると価格はびっくりするほど安くなります。ほぼ半額くらいです。通販サイトの命は価格と送料の安さです。サイトによっては価格も安いうえ送料無料というところもあります。私はこの契約料金が大きな問題だと思います。
ヤマトは物量制限と価格の値上げをするといいます。しかしこれは先ほどの会社との契約の問題が大きく、個人が利用する分についてはほぼ関係ないと思います。一律値上げも良いですが、まず通販会社との料金を見直してもらいたいと思います。そして物量制限じゃなくて、配達の日数を余裕をもたすとか、時間指定の廃止もしくはあいまいさに改善すればいいと思います。ドライバーは納品日指定や時間指定があると必ず無理をします。そして長時間労働になります。今のサービスは低下させてほしくないです。通販ばかりに目が行ってしまいますが、公共交通の無い過疎地にも宅配してくれる業者はありません。従業員の問題も受付時間と配達時間の規定を設け、再配達は翌日以降にし、生鮮物は配達事前連絡の徹底と、再配達手数料の設定などをすれば、改善されると思います。いい方向に改善されることを望みます。”

すっぽん小町 抜け毛 白髪 コラーゲンで育毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です