クロマグロ漁規制により、サワラ漁で収入を補てんする取り組みについて

“クロマグロ漁は国際合意で国別漁獲枠が設けられています。枠以上に獲ってしまうと翌年の枠が多く取った分マイナスされる仕組みです。マグロ大好きの日本は世界中のマグロを獲っています。養殖技術も発達していますがあくまでも天然にこだわっています。俗にいう乱獲による資源の減少を食い止める策です。
かつて日本は世界中の海で色々な魚を獲りまくっていました。現地法人を作ったり、現地の法人に漁を教え獲らせました。すべて日本に輸入するためです。それがいま中国をはじめ、世界の国が日本が教えた漁を習得し自分たちで取り始め自国で消費や輸出を始めました。これによりサンマ、カツオ、スルメイカなど日本の漁師が取る前に獲られています。
今回のクロマグロの問題も同じような要因があります。私が思うのは『時すでに遅し』です。日本の技術が海外に流出した今、日本の漁業は日本近海の身でしかできなくなっています。サワラ漁にに転換してもクロマグロの代わりにはなりません。それよりももっと重要なのは今度は日本が先頭に立って世界に魚種別漁獲枠を設定すべきだと思います。もとはと言えば日本が広げた漁です。日本が規制を推進する立場に立つことが大事です。獲る漁業から守る漁業への転換が必要だと思います、。”

アンサージュ 目立つ 毛穴に 効果あり、品切れ注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です