よせ集めによるしわ寄せが続く民進党とそれにより安定感をます自民党

“東京都議選後に蓮舫おろし、こんな見出しのニュースを拝見しました。
民進党は前身の民主党として政権を握った実績を持つ政党です。その時は自民党党首すなわち総理大臣が毎年のように変わり、これなら民主党に政権を任せてみようと国民考え、選挙で圧勝しました。
自民党の一党独裁による歪みがありましたので、民主党の出現、躍進により、2大政党となればお互いがしのぎを削り、国家運営も良い方向へいくのではないかと期待しました。
しかし、民主党は政権を取るために結集されたよせ集め集団でした。なので、いざ政権を握ると、内部で揉め事も多く、内部分裂まで起こし、政権担当能力がないことを露呈してしまいました。
その後は再度自民党の一党独裁に戻ってしまいました。それから現在まで、以前の民主党のように、政権を脅かす存在がなくなり、自民党のやりたい放題になってしまいました。
私は自民党の一党独裁が悪いというつもりはありません。野党第一党である民進党をはじめ、各野党があまりにも不甲斐ないことが、現在の一党独裁に拍車をかけています。
自民党が行う政策に対して、ただ反対して騒いでいるようにしかみえません。
反対するのであれば、なぜ反対なのか、それによる対案はどういうものなのかを国民に示すことができなければ、国民の理解を得ることができません。
民進党として、どのように国家運営をしていくか、どんな政策を立案していくか方向性を決めることのできるリーダーシップを持った人物を党首にして再び政党を躍進させていただきたいものです。そして再び2大政党となることを願っています。”

ラポマイン脇汗ワキガに効果って本当にあるの? 動画を見てください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です