証券会社主催のマネーセミナーに参加して思うこと

先日ある証券会社主催のマネーセミナーに参加してきました。証券会社のセミナーの多くは平日の日中帯に各支店で行われるのですが、この日はたまたま休みだったので予約して参加しました。当日会場に入ってびっくりしたのは、高齢の方が多いこと。おそらく退職金などでまとまったお金が入ったことや、時間を持て余していることもあってのことだと思いました。お金の運用に関心があることは良いのですが、セミナーのテーマが「これから上がる有望テーマ、有望株」で、セミナーの後半の質問から判断すると、参加者の多くは経験の浅い方だと推測します。

ふと頭をよぎったのは、「この年齢からリスクの大きい個別株なんかやっちゃダメだよ。。。」という思い。人生あと10年~20年といったところでは、リスクを抑えた安心な運用を心掛けるべきです。個別株は値上がりすることももちろんありますが、往々にしてその時は売却せずに、寝下がったときに気持ちが持たなくなって損切りしてしまうというのが相場の相場です。「やらなきゃよかった」「値が高いときに売っておけば」という言葉は耳にタコができるほど聞いています。

退職金があっても、暇ができても、大事なお金は限りなくリスクの小さいものにしましょう。あくまで余剰資金で、リスクのある商品でも、「バランス型やREIT」などの投信で信託報酬の少ないものを時間分散で購入する程度にする位が良いのかもしれません。証券会社も顧客の年齢に応じた、真にその人に合った商品を提供してほしいものです。無料マネーセミナー おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です