DMAEとは?

DMAEとは、別の呼び名を酒石酸ジメチルエタノールアミン、もしくはジメチルMEAと呼ばれている成分です。DHAやEPAと同様に秋刀魚(さんま)や鰯(いわし)といった青魚の体内にある安全性が高い成分です。またDMAEは神経伝達物質の一つであるアセチルコリンと変わらない作用をします。

米国ではこの成分が、行動・記憶といった若返りに必要な能力を強くするためのサプリメントとして、アルツハイマーの予防を目的に良く使われているようです。アセチルコリンは元来、脳に命令を出す神経伝達物質としてカラダの中に存在するものの、一旦減ってしまうと再び作り出されることはありません。また加齢によって、長い期間紫外線にさらされてきた皮膚の損傷や、栄養障害、酒・たばこ、ストレスなど、体内に悪影響を及ぼすことが原因で、神経伝達の均衡も保てなくなり、表情筋を始めとした顔の筋肉が衰えたるみが生じてしまいます。よって、薬品、サプリメント、化粧品などで外部から補給することが求められます。
※DMAEが配合されている化粧品としては、「モイストリフトプリュスセラム」「ラグジュアリー・デ・エイジリジュリューションV」「エコレーヌ パーフェクション」が代表的です。

繰り返しになりますが、DMAEはアセチルコリンと同様の作用を持っています。この成分が衰えた筋肉の神経伝達を敢えて緊張させることによって肌のハリを回復させることで、たるみやしわを回復させることに加え、体内の血の巡りに作用することでくすみやむくみを除去することができます。世の中にある他のコスメでは皮膚の上層からのケアしか行えないのが現状です。

DMAEは筋肉に至るまで働き掛ける成分として世界規模でも人気が高まっており、 素早い効果に加え、長期に亘った効果も期待されています。今や美容医療の世界では小顔やたるみ対策に的を絞った薬という形で、治療の一つに取り入れられている重要な成分です。モイストリフトプリュスセラム 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です